2019年 特定健診

そろそろ今年度の特定健診の受診券が郵送される時期です。

特定健診とは厚生労働省のHPでは

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

厚生労働省「特定健診・特定保健指導について

と書かれており、そのポイントは脳卒中や心筋梗塞などの原因となるメタボリックシンドロームや生活習慣病をチェックする健診ということです。

「いつも通りの体調だからいらない」という方もおられますが、生活習慣病自体は自覚症状に乏しく健診でチェックしなければスルーされてしまいがちなため、こういった健診が推奨されています。

特に個人事業主やパートタイマーなど定期健診を受けられていない方はこの機会を活用されるのがお勧めです。