加入されている国民保険や雇用保険が費用負担して行う健康診査です。

特定健診とは
日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

厚生労働省「特定健診・特定保健指導について

主な目的は脳卒中や心臓病などのリスクを上昇させる生活習慣病のチェックで、内容は会社などが毎年実施する定期健康診断と類似します。

基本的に自己負担はありませんので定期健康診断を受ける機会のない方などは受けられるのをお勧め致します。