事業者には労働安全衛生法で常時使用する労働者に対して雇い入れ時の「雇入れ時の健康診断」と、年に1回以上の「定期健康診断」の実施が義務付けられています。

当クリニックは法令に準拠した雇入れ時健診や定期健康診断を実施しています。
就職時に健康診断を受けて来るよう指示された際は当クリニックで実施可能です。

雇入れ時の健康診断

労働安全衛生規則第 43 条

事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。

 1. 既往歴及び業務歴の調査
 2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
 3. 身長、体重、視力及び聴力の検査
 4. 胸部エックス線検査
 5. 血圧の測定
 6. 貧血検査(血色素量及び赤血球数)
 7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
 8. 血中脂質検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
 9. 血糖検査
 10. 尿検査(尿中の糖及び蛋たん白の有無)
 11. 心電図検査

厚生労働省「労働安全衛生法に基づく健康診断の概要」より改編

定期健康診断

労働安全衛生規則第 44条
事業者は、常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
 1. 既往歴及び業務歴の調査
 2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
 3. 身長、体重、視力及び聴力の検査
 4. 胸部エックス線検査及び喀痰検査
 5. 血圧の測定
 6. 貧血検査
 7. 肝機能検査
 8. 血中脂質検査
 9. 血糖検査
 10. 尿検査
 11. 心電図検査

厚生労働省「労働安全衛生法に基づく健康診断の概要」より改編

事業主様へ

小中規模〜個人事業においては定期健康診断の実施に困られる事があります。

当クリニックでは近隣の事業所様と提携し、休憩時間や帰宅時にお越し頂くなど業務への影響が最小限になるよう臨機応変に健康診断を実施させて頂いています。お困りの際はぜひともご相談下さい。