お子様は発熱や風邪、胃腸炎をよく起こしますが風邪一つをとっても多様性があったり、合併症のリスクを念頭に置いたより慎重な診療が必要になるなど大人のものとは診かたが違います。
小児科外来を担当して培った経験や、最近の小児科医療の知見を反映させた診療を行っています。