ざっくりとどんな病気?

乳幼児を中心とするいわゆる「夏カゼ」の1つで、口腔内に粘膜疹を伴うのが特徴のウイルス性感染症です。

[/su_animate]

感染

病原体・感染経路

原因となる病原体は手足口病と同様にコクサッキーA群を主とするエンテロウイルスで、時にコクサッキーB群やエコーウイルスなどが病原体となります。

感染経路は咳などによる飛沫感染、接触感染、糞便からの糞口感染です。

[/su_animate]
かかりやすいのは?

年齢的には乳幼児が中心で、5歳以下が90%を占めます。

「夏カゼ」の通称通り7月をピークとする5~8月に流行します。

症状が強い急性期に強い感染力を認めますが、よくなってからも便から2 ~4週間ウイルスが検出されることがあります。

[/su_animate]
予防法は?

ワクチン療法は確立されておらず、予防には患児との密接な接触の回避、うがい・手洗い励行といった一般的な対策をするにとどまります。

[/su_animate]

症状

2~4日間の潜伏期間の後、突然の発熱と咽頭痛で発症し相前後して口腔に粘膜疹を生じます。2~4日間で解熱すると粘膜疹もなくなります。

[/su_animate]
粘膜疹

お口の比較的奥に多く認め、水疱を形成したものは破裂して潰瘍化します。
手足口病の粘膜疹はよりお口全体に認める傾向があります。

[/su_animate]
発熱

38~40℃と比較的高熱を認め、2~4日間で解熱します。

[/su_animate]
食欲不振・よだれ

粘膜疹から生じる痛みは比較的強く、食欲不振を伴うことがあります。特にお話できない小さなお子様の場合、飲み込みにくそうな様子に気をつけてあげて下さい。またつばを飲み込むがつらくてよだれが多くなることもあります。

[/su_animate]

合併症

基本的に予後良好な疾患ですが、発熱に伴い熱性けいれんを認めることや、ごくまれに髄膜炎や心筋炎を認めることがあります。

[/su_animate]

治療

一般的なウイルス感染症と同様に特別な抗ウイルス療法はなく、患児の免疫システムがウイルスをやっつけるのを待つ必要があります。

のどの痛みにアセトアミノフェンや、トラネキサム酸を使うことがありますが思い通りに痛みをコントロールするのは難しいようです。

[/su_animate]

学校保健法にる登園・登校の規定

糞便などには発症後2〜4週間ウイルスが排出されていると考えられますが、登園停止による感染拡大阻止効果が乏しいと考えられ、本法による登園・登校の規定はありません。解熱していて全身状態良好なら登園・登校は可能です。

ただし著しい流行で授業に支障をきたしかねない場合や、合併症の発生などで保護者の不安が多い場合などに出席停止を考慮することがあります。

[/su_animate]